freelancemate
cover

【料金は安い?月額制で選びやすい】techboost(テックブースト)の料金・支払い方法・割引情報まとめ

作成日:2022年02月12日 更新日:2022年03月31日

techboost(テックブースト)とコース

techboost(テックブースト)の料金は安いとも言えますし、高いとも言えます。
それはテックbが他のプログラミングスクールと異なり、月額制の料金携帯になっており、通学期間次第で料金が安くも高くもなるからです。
techboost(テックブースト)の料金は下記の通りです。
基本月額料金:32,780円
入学金(スタンダードコース):126,500円
入学金(ブーストコース):219,780円
入学金(ブーストコースのJavaのみ):408,320円
基本の月額料金は32,780円で固定ですが、入学金はコースによって異なりますので、注意が必要です。
更に、メンタリングにも費用がかかります。メンタリングの料金も回数により異なります。
4回 / 月:34,760円
6回 / 月:52,140円
8回 / 月:69,520円
こちらに加えて、教室利用料金が毎月22,000円かかります。
月額制のコースになっているテックbは受講期間が3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月の3つから選択できます。
あなたが受講する期間により料金が大きく変わります。
計算が少々めんどくさいと思いますので、いくつか合計料金のパターンを記載しておきます。

最安プラン:スタンダードコース、メンタリング4回 / 月、受講期間:3ヶ月の場合
395,390円

ブーストコース、メンタリング4回 / 月、受講期間:6ヶ月の場合
757,020円

最高プラン:ブーストコース(Java)、メンタリング8回 / 月、受講期間:12ヶ月の場合
1,899,920円

最安プランであれば、40万円弱で受講できますが、最高のプランの場合は、200万円近くかかるという料金形態です。
200万円あれば、国公立大学4年間の授業料に近い金額になるので、このプランでの受講はおすすめしません。
ブーストコース、メンタリング4回 / 月、3ヶ月であれば、他のプログラミングスクールと同等か少し安いくらいの料金で受講できるので、おすすめです。
6ヶ月以上になると他のプログラミングスクールよりも長い時間を掛けて学習できますが、その分料金も高くなるので、あなたの学習ペースと資金とを加味して判断するのがよいでしょう。

techboost(テックブースト)の支払い方法

  • 銀行振込(一括払い・分割払い)
  • クレジットカード払い(一括払い・分割払い)
  • 教育ローン

techboost(テックブースト)は分割払いが可能

techboost(テックブースト)では銀行振込、クレジットカード払いによる分割払いが可能なため、初期費用を押さえながら学習ができます。
また、教育ローンによる支払いも可能で。教育ローンを利用するには審査が必要になるので、審査に通った人にのみに限られた利用となります。
教育ローンでは1~60回払いを選択できます。60回払いにすれば、1回あたりの料金をかなり低価格で抑えられるので、生活費への支障が少なく済みます。

techboost(テックブースト)を安く利用する割引情報

以前はtechboost(テックブースト)を安く利用する割引キャンペーンがありましたが、現在はなくなってしまったようです。
しかし、またいつかのタイミングで復活するかもしれませんので、意識的に情報収集するのがよいでしょう。
以前の割引キャンペーンは下記の通りでした。

  • 受講生紹介割引
  • お友達紹介割引
  • 説明会参加当日割引

受講生紹介割引

受講生からの紹介、techboost(テックブースト)卒業生からの紹介で入学すると5%割引が適用されて、安くなるキャンペーンでした。
無料説明会に参加した際に、紹介してくれた方の名前を伝えると適用されます。

お友達紹介割引

友達と一緒に受講を開始すると適用される割引キャンペーンで10%ほど安くなります。
受講生紹介割引との併用はできませんので、受講生紹介割引とお友達紹介割引とで迷ったら、お友達紹介割引の方が割引率が大きいので、お得です。

説明会参加当日割引

説明会に参加した当日に申し込みを行うことで10,000万円の割引が適用されるキャンペーンがありました。
今は説明会当日に申し込んでも割引キャンペーンはないので、じっくり比較して選ぶのがよいでしょう。

techboost(テックブースト)の料金は回収できるか

techboost(テックブースト)を利用して転職した際に、料金は回収できるのか?
結論から言うと受講期間やコースにより可否が分かれると思います。
上記のように最高プランであれば、200万円近くの費用がかかりますが、200万円を回収できるかで言うとかなり難しいでしょう。
一方、60万円〜70万円程度の料金であれば、回収できる見込みは高くなります。
techboost(テックブースト)の就職先の実績は公開されている情報が少なく、不明なところもありますが、エンジニアの平均年収は他の職業よりも高く、500万円〜600万円とも言われています。
転職してすぐに500万円〜600万円の年収の実現が難しくても将来的にこの金額までアップすることで現状の仕事の給料を大きく上回るのであれば、十分に期待ができます。

techboost(テックブースト)と他のプログラミングスクールとの料金比較

techboost(テックブースト)と他のプログラミングスクールとの比較表は下記の通りです。

名前金額期間参考
tech boost488,400円3ヶ月tech boostの記事
テックアイエス686,400円6ヶ月テックアイエスの記事
RUNTEQ437,800円9ヶ月RUNTEQの記事
ポテパンキャンプ 440,000円5ヶ月ポテパンキャンプの記事
DMM WEBCAMP690,800円3ヶ月DMM WEBCAMPの記事
DIVE INTO CODE647,800円4ヶ月DIVE INTO CODEの記事
テックアカデミー437800円16週間テックアカデミーの記事
TECHCAMP657,800円10週間TECHCAMPの記事
SAMURAI ENGINEER594,000円12週間SAMURAI ENGINEERの記事
コードキャンプ528,000円4ヶ月コードキャンプの記事
ディラボ598,000円3ヶ月ディラボの記事

techboost(テックブースト)の料金は受講期間やコースによって大きく変わるため、あなたの受講次第で安くも高くもなってしまいますが、安ければ40万円代での受講が可能なため、お得に利用できます。
他のプログラミングスクールと比較しても安めの料金で利用できるので、おすすめできます。
ゆっくり学習を進めたい人は6ヶ月、12ヶ月を選べますが、その分料金が大きく上昇するので、他のプログラミングスクールよりも高額になります。

techboost(テックブースト)の料金はコース次第

techboost(テックブースト)の料金はコース次第、オプション次第で大きく変わるため、カスタマイズ性が高いです。
料金が安くも高くもなるため、最安に近い料金で通える場合には候補先として入るかと思いますが、長期で安いプログラミングスクールを検討したい方にはおすすめできません。
金額を気にせず、長期で自分のペースで学習したい場合には、候補に入ると思います。
techboost(テックブースト)が気になる方は、まずプログラミングスクールに無料カウンセリングに行ってみることがおすすめです。

関連記事
techboost(テックブースト)の特徴を解説!評判や口コミも徹底調査

techboostはこちら

当サイトでおすすめのプログラミングスクール

RUNTEQ

働きながらレベルの高いスキルを身につけることができるので、おすすめ!

プログラミングスクールの口コミ・評判記事