freelancemate
cover

プログラミングスクールおすすめ・比較ランキング|安い・オンラインなど目的別で紹介

作成日:2022年03月26日 更新日:2022年05月05日

プログラミングスクールを探す際にどのプログラミングスクールがよいか迷っていませんか?数が多いプログラミングスクールの中からあなたにあったプログラミングスクールを選ぶには正しい選び方を知っておくことが重要です。
この記事ではプログラミングスクールの選び方と目的、プログラミング言語、料金など別でおすすめのプログラミングスクールを紹介します。
参考にしてみてくださいね。

プログラミングスクールの失敗しない5つの選び方

①あなたに合う受講形式で選ぶ
②あなたの目的に合うプログラミング言語で選ぶ
③あなたの予算に合う料金で選ぶ
④あなたに合うレベルで選ぶ
⑤あなたに合う就職・転職サポートで選ぶ

①あなたに合う受講形式で選ぶ

プログラミングスクールの受講形式は下記の3通りあります。

  • 対面方式
  • オンライン方式
  • マンツーマン方式


対面方式

実際に教室に通って授業を行う方式です。自宅ではない環境で学習をするので、強制的に勉強できる環境を作ることができ、家で学習できない人におすすめです。他の受講生との交流や実際の授業を通して、刺激を受けながら学習することができます。また、チームでの開発経験や他の人とコミュニケーションをとりながら開発する経験など、会社で働く状況に近い感覚で学習できるのもメリットです。

オンライン方式

時間や場所を選ばずに学習できる、通学する時間がもったいないという人にはオンライン方式がおすすめです。教室に通う必要がないため、自宅やあなたの集中できる環境で学習できます。どのような環境でも自分で自分を律して、学習できる人にはおすすめできますが、自宅だとサボってしまう人にはおすすめできません。他の受講生との交流が対面よりも図りにくいですが、リモートワークでのチーム開発の経験などを積める学習方式で、将来的にフリーランスやリモートで開発したいと考えている人には経験が積める授業スタイルです。

マンツーマン方式

マンツーマン方式はあなたの学習内容をあなたのペースで学習できるのがメリットであなたのペースで学習したい人におすすめです。マンツーマン方式は他の人に気を使う必要がなく、あなたの不明点や要望を直接聞くことができるので、初心者で不安がある人などには使い勝手がよいでしょう。一方で、転職・就職を考えている人にとっては、チームで開発する経験が積めなかったり、他の人から刺激を受けにくかったりとあまり向いているとは言えません。

②あなたの目的に会うプログラミング言語で選ぶ

  • Web制作がしたい・副業がしたい | HTML / CSS / JavaScript
  • Webサービスを作りたい | PHP / Ruby / Go
  • 大規模システムを作りたい | Java
  • アプリの開発がしたい | Swift / Java
  • AIや機械学習の学習がしたい | Python
  • ゲームを開発したい | Unity

Web制作がしたい・副業がしたい | HTML / CSS / JavaScript

Web制作、副業が目的の場合には、HTML / CSS / JavaScriptを学ぶことができるプログラミングスクールがおすすめです。プログラミングの基礎的な内容になっており、多くのプログラミングスクールで学習することが可能です。最近では、副業に特化したコースやプログラミングだけでなく、Webデザインまで教えてくれるコース、副業のお仕事を紹介してくれるコースなど様々あり、あなたの目的にあったコースを詳細まで確認した上で選ぶのがよいでしょう。

Webサービスを作りたい | PHP / Ruby / Go

Webサービスを作りたい人には、PHP / Ruby / Goを学ぶことができるプログラミングスクールを選ぶことがおすすめです。HTML / CSS / JavaScriptは見た目の部分に関するプログラミング言語ですが、これら言語を学習することで、投稿機能や削除機能を搭載したWebサービスを作れるようになります。具体的には、TwitterやInstagramのようなサービス開発が可能になります。プログラミング言語によって、できることに大きな違いはありませんが、言語が違うと書き方のルールが違いますので、Rubyを書ければPHPが書けるというわけではありません。就職、転職したい会社のサービスが使っている言語を調べてからプログラミング言語を選ぶのがおすすめです。

大規模システムを作りたい | Java

WebサイトやWebサービスではなく、金融システムや社内システムなどの大規模システムを作りたいと考えている人はJavaが学べるプログラミングスクールがおすすめです。Javaはプログラミング言語の中では古くからあるプログラミング言語で、多くのシステムで利用されています。そのため、求人数も多く、いまだに高い人気があります。一方で、2010年代にできたサービスの開発に係わりたい人には、Javaで作られているサービスがあまりなく、向いていないでしょう。

アプリの開発がしたい | Swift / Java

アプリの開発がしたい人は、SwiftまたはJavaが学習できるプログラミングスクールがおすすめです。SwiftはiOSアプリを開発するためのプログラミング言語で、JavaはAndroid向けのアプリ開発が可能です。アプリはOSごとに開発言語が変わるため少々ややこしいです。より多くの人に使ってもらうアプリを作りたい場合はSwift、Javaでのお仕事探しやアプリ以外の開発にも興味がある人はJavaを学習するのがよいでしょう。

AIや機械学習の学習がしたい | Python

AIや機械学習の勉強がしたいと考えている人にはPythonを学べるプログラミングスクールがおすすめです。AIや機械学習を使ったサービスや分析にはPythonが多く使われており、Pythonを学習することであなた自身で機械学習の分析ができるようになることが期待できます。Pythonには、他のプログラミング言語よりも手軽に機械学習ができるようなライブラリが多くあったり、先行事例が豊富にあったり、取り組みやすいです。

ゲームを開発したい | Unity

Unityは3Dゲームを作成するときなどに使用されるプログラミング言語で、ゲームを開発したいと考えている人にはおすすめです。Unityが学習できるプログラミングスクールはあまり多くないので、迷わずに選ぶことができるかもしれません。ゲーム開発エンジニアで転職サポートがあるプログラミングスクールはないので、主に趣味や教養、学習した後で自力で転職活動などになるでしょう。

③あなたの予算に合う料金で選ぶ

  • 無料で通えるスクール
  • 補助金・助成金で安く通えるスクール
  • 出世払いができるスクール


無料で通えるスクール

無料で通えるスクールと聞くと、ちゃんと学習できる?、怪しい?などの不安があるかもしれませんが、無料でサービスが提供できる仕組みになっています。無料のプログラミングスクールは、あなたのようにプログラミングを学習してエンジニア転職を目指す人を企業に紹介することで、紹介手数料を企業からもらうことで収益を得ています。あなたからお金を頂かない代わりに企業から頂いているのです。無料で通えるメリットはあなたの費用なしでプログラミングが学習できることです。デメリットは、企業への紹介手数料で収益を得ているため、プログラミングスクールの紹介する転職先に就職する必要があるケースがほとんどであることです。仮に紹介先企業があまり好きでなかったり、他にいい会社があって就職する場合には、授業料を支払う必要がある可能性があったりと、就職先に制限がかかる可能性があります。

補助金・助成金で安く通えるスクール

補助金・助成金を活用することでかなりお得にプログラミングスクールを利用することができます。例えば厚生労働省が行っている教育訓練給付金制度を使えば、60万円のプログラミングスクールを20万円程度で受講できることがあります。この教育訓練給付金制度は対象講座に認定されているプログラミングスクールのみが対象ですが、多くのプログラミングスクールのコースでこの制度が導入されています。例えば、DMM WEBCAMPやTECH CAMP、DIVEINTOCODEなど大手の多くのプログラミングスクールが該当します。また、KENスクールのように企業と提携したスクールもあり、提携している企業に在籍している人に限って、通常価格よりも安い価格でプログミング学習ができるスクールもあります。

出世払いができるスクール

日本で唯一出世払いができるスクールがあります。それはCODEGYM ISAです。プログラミング学習ができますし、プログラミング学習後就職できるまで費用がかかりません。CODEGYM ISAのシステムでは就職後、額面の10%を最大30ヶ月支払うことで授業料の支払い完了となります。※最大99万円までの支払いになります。学習中の費用が掛からず、就職できるまでにも費用が掛からないため、費用負担がないのがメリットですが、就職後に支払う費用はプログラミングスクールの中でも高額なスクールになるため、支払う金額だけで見るとデメリットです。

④あなたに合うレベルで選ぶ

  • 未経験者向けのスクール
  • 経験者向けのスクール


未経験者向けのスクール

プログラミング未経験者向けのプログラミングスクールは初心者からWebサービスを作ったり、転職ができるように基礎の基礎から指導が始まり、細かいフォローなどが入ります。初心者が挫折しやすいポイントを見極めて、挫折しないようなチャットサポートやメンタリングサービスなども提供しています。初心者向けのプログラミングスクールは丁寧な設計になっている一方で、経験者からすると既に学習した内容を学習することも多いため、もったいない時間を過ごすこともありえます。

経験者向けのスクール

プログラミング経験者向けのプログラミングスクールもあります。求められるレベルはプログラミングスクールごとに異なり、入学前にテストがあるスクールもあります。経験者向けのプログラミングスクールの場合には、基礎の学習を飛ばして学習が開始できたり、仕事を意識したコード設計などより高度な内容まで学習できたりなどメリットが多いです。デメリットとしては、あらかじめ学習をしている必要があるため、未経験者の場合には、自分である程度学習をしてから、入学することになります。

⑤就職・転職サポートで選ぶ

  • ポートフォリオの作成が可能
  • 求人の紹介があるか否か
  • キャリアアドバイザーによる履歴書・職務経歴書のアドバイス


ポートフォリオの作成が可能

未経験からエンジニアを目指す際に、エンジニアとしての実力や実際にどういうことができるのかを示すものがポートフォリオです。
このポートフォリオの作成の有無は、プログラミングスクールごとに異なり、ポートフォリオ作成を卒業要件に設定しているスクールもあれば、学習のみで終了するスクールもあります。
エンジニアとして転職・就職を目指さない場合には、ポートフォリオの作成は必要ありませんが、エンジニアとして転職・就職を目指す場合には、多くの面接で提出を求められる必須に近いものです。
エンジニアとして転職・就職を考えている人は、ポートフォリオの作成がコースの中に含まれているプログラミングスクールがおすすめです。

求人の紹介があるか否か

プログラミングスクールにはプログラミングスクール独自の求人を持っていることが多く、求人を紹介してくれるスクールも多いです。
スクールに紹介された求人は、これまでにスクール受講生を採用してきた経験があり、他の企業よりも比較的通りやすい傾向にあるので、あまり選り好みをせずに就職・転職したい場合には、候補の1つになるでしょう。
一方で、授業料を取らずに、人材の紹介手数料で収益を上げているプログラミングスクールの場合は、常に人手不足の会社や人気の低い企業などを紹介される可能性もあり、注意は必要です。

キャリアアドバイザーによる履歴書・職務経歴書のアドバイス

キャリアアドバイザーによる履歴書・職務経歴書のアドバイスがあるプログラミングスクールもあります。
これまでに多くの方のエンジニア採用を支援してきた経験と実績に基づくアドバイスがあることで職務経歴書の書き方や面接対策ができるようになります。
全く知識がない状態で面接に挑むのと面接対策をしたうえで面接に挑むのでは、通過率が大きく変わってきますので、面接に不安がある方はキャリアアドバイザーによるサポートがあるプログラミングスクールがおすすめですね。

【社会人】転職におすすめのプログラミングスクール5選

RUNTEQ

転職を目指す人におすすめのプログミングスクール1つ目は、RUNTEQです。
RUNTEQはプログラミングスクール卒業後に活躍ができるようにカリキュラムが組まれており、1000時間程度の学習時間を確保することを前提とした学習量の多いプログラミングスクールです。
RUNTEQを運営している株式会社スタートアップテクノロジーはWebサービスの受託開発も事業として行っており、受託開発経験を基にした開発カリキュラムで実際に働く人のための講座、働く際に必要になる内容を豊富に盛り込んだ内容となっています。
料金はプログラミングスクールの中では安い方なので、通いやすいプログラミングスクールの1つです。

詳しくはこちら

ポテパンキャンプ

転職を目指す人におすすめのプログラミングスクール2つ目はポテパンキャンプです。
ポテパンキャンプは現場に即したレベルの高いカリキュラムで、ポテパンキャンプの授業を通して、現場で活躍できるエンジニアになれる可能性のあるプログラミングスクールです。
バディ制度をとっており、最後までやり抜くための体制があり、転職ができなかった場合にも転職保証があるので、安心です。

詳しくはこちら

DIVE INTO CODE

転職を目指す人におすすめのプログラミングスクール3つ目はDIVE INTO CODEです。
DIVE INTO CODEは年齢に関わらず授業を受けられるレベルの高いプログラミングスクールです。勉強量が多いプログラミングスクールでもあり、最低700時間以上の勉強量が求められるカリキュラムを組んでいます。
ポートフォリオの作成やチーム開発、テストコードに関する内容もあり、実際に仕事で働く際に必要になる運用・保守といった観点での技術にも触れる機会があります。

詳しくはこちら

Aidemy

転職を目指す人におすすめのプログラミングスクール4つ目はAidemyです。
AidemyはPythonの学習を中心に行っており、機械学習によるデータ分析やデータ分析に必要なプログラミングの学習が可能です。
学習内容も現実の課題に沿った内容で株価の予測の学習などができ、学習後には実際に知識・経験を活かして活躍できることが期待できます。
Pythonを使って転職を考えている人、機械学習エンジニアになりたい人におすすめです。

詳しくはこちら

GEEK JOB

転職を目指す人におすすめのプログラミングスクール5つ目はGEEK JOBです。
GEEK JOBは転職保証コースのあるプログラミングスクールで、転職保証コースを利用すれば無料でプログラミング学習することが可能です。
最短1ヶ月で転職可能なレベルまで技術の習得が可能な授業内容であり、早期に安く転職を目指す人には利用しやすいプログラミングスクールです。

詳しくはこちら

【社会人】副業・フリーランスにおすすめのプログラミングスクール5選

ZeroPlus

副業・フリーランスにおすすめのプログラミングスクール1つ目はZeroPlusです。
ZeroPlusはフリーランスエンジニアを目指す人に特化したプログラミングスクールです。学習内容は、Webサイトの作成が中心でWordPressを使ったコーディングなどを学習します。また、フリーランスとして活躍するには仕事を見つけて獲得することも必須になりますが、仕事探しから獲得までについても学ぶことができます。

詳しくはこちら

テックアカデミー(Tech Academy)

副業・フリーランスを目指す人におすすめのプログラミングスクール2つ目はテックアカデミー(Tech Academy)です。
テックアカデミー(Tech Academy)はとにかくコースが豊富にあり、あなたのやりたいことを漏れなく学習しやすいプログラミングスクールです。副業・フリーランス向けのコースもあり、これらコースを学習することで副業・フリーランスを目指すことができます。はじめての副業コースが特におすすめです。
テックアカデミー(Tech Academy)は、副業のお仕事をいくつか持っており、テックアカデミー(Tech Academy)から紹介してもらうことも可能です。

詳しくはこちら

TECH I.S.(テックアイエス )

副業・フリーランスにおすすめのプログラミングスクール3つ目はTECH I.S.(テックアイエス )です。
TECH I.S.(テックアイエス )はエンジニア転職を目指す人のレベルまでプログラミング学習を行うことができるので、Webサイトの作成に加え、Webシステムの作成などができるほどの技術力を身につけることができます。
学習終了後には、フリーランスを目指す人向けのお仕事探しとお仕事獲得のサポートもあり、プログラミング未経験からはじめてのフリーランスを目指すのにおすすめです。

詳細はこちら

DMM WEBCAMP

副業・フリーランスを目指す人におすすめのプログラミングスクール4つ目はDMM WEBCAMPです。
DMM WEBCAMPは未経験から挫折せずに学習できる環境のあるプログラミングスクールです。DMM WEBCAMPの学習を通してエンジニア転職ができるレベルの高スキルを身につけることができ、副業・フリーランスを目指す際に必要な技術スキルを満たしてくれます。
サポートも充実しているので、わからないで止まることを減らしながら学習できます。

詳細はこちら

Tech Mentor(テックメンター)

副業・フリーランスを目指す人におすすめのプログラミングスクール5つ目はTech Mentor(テックメンター)です。
Tech Mentor(テックメンター)は月額制のプログラミングスクールであなたが必要な知識を自分のペースで学習できます。
プログラミング未経験からでもエンジニアとして働くことができるレベルの学習内容が整えられており、自分で学習する仕組みのため安く利用できます。
プログラミングに加え、フリーランスとして活躍するためのお仕事獲得に関するコースなどもあり、フリーランスを目指せます。

詳細はこちら

【社会人】30代におすすめのプログラミングスクール5選

DIVE INTO CODE

30代におすすめのプログラミングスクール1つ目はDIVE INTO CODEです。
DIVE INTO CODEは年齢に関わらず授業を受けられるレベルの高いプログラミングスクールです。勉強量が多いプログラミングスクールでもあり、最低700時間以上の勉強量が求められるカリキュラムを組んでいます。
年齢制限がないため、30代でも受講できますし、30代の方でもエンジニアに転職した実績があります。
ポートフォリオの作成やチーム開発、テストコードに関する内容もあり、実際に仕事で働く際に必要になる運用・保守といった観点での技術にも触れる機会があります。

詳しくはこちら

ポテパンキャンプ

30代におすすめのプログラミングスクール2つ目はポテパンキャンプです。
ポテパンキャンプは現場に即したレベルの高いカリキュラムで、ポテパンキャンプの授業を通して、現場で活躍できるエンジニアになれる可能性のあるプログラミングスクールです。
転職保証は20代までしか適用されないため利用できませんが、カリキュラムのレベルが高いため、高い技術力が身につきます。
バディ制度をとっており、最後までやり抜くための体制があり、転職ができなかった場合にも転職保証があるので、安心です。

詳しくはこちら

RUNTEQ

30代におすすめのプログミングスクール3つ目は、RUNTEQです。
RUNTEQはプログラミングスクール卒業後に活躍ができるようにカリキュラムが組まれており、1000時間程度の学習時間を確保することを前提とした学習量の多いプログラミングスクールです。
RUNTEQを運営している株式会社スタートアップテクノロジーはWebサービスの受託開発も事業として行っており、受託開発経験を基にした開発カリキュラムで実際に働く人のための講座、働く際に必要になる内容を豊富に盛り込んだ内容となっています。
34歳までであれば30代でも転職サポートを受けることができます。

詳しくはこちら

SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)

30代におすすめのプログラミングスクール4つ目はSAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)です。
SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)は教養・転職目的で利用できるプログラミングスクールです。プログラミングスクールの中でも歴史のあるプログラミングスクールの1つで、転職実績や指導経験の豊富なスクールです。
30代でも学習を始め、転職を成功した方の事例もあり、30代から学習を始めたい人への指導経験や転職サポートも経験もあり、安心して利用できます。

詳しくはこちら

テックアカデミー(Tech Academy)

30代におすすめのプログラミングスクール5つ目はテックアカデミー(Tech Academy)です。
テックアカデミー(Tech Academy)はとにかくコースが豊富にあり、あなたのやりたいことを漏れなく学習しやすいプログラミングスクールです。転職保証コースは32歳までが対象になっており、30代でも転職保証コースを利用して、エンジニア転職が可能です。
副業・フリーランスを目指す場合には、特に年齢制限がなく30代でも利用できる副業支援コースがあり、転職・副業・フリーランスなどやりたいことをできるのがメリットです。

詳しくはこちら

おすすめの安いプログラミングスクール

0円スクール

おすすめの安いプログラミングスクール1つ目は0円スクールです。
0円スクールはその名の通り、0円でプログラミングが学習できるプログラミングスクールです。
転職先も紹介してくれるため、学習から転職まで0円で行えるのが最大のメリットです。

詳細はこちら

GEEK JOB

おすすめの安いプログラミングスクール2つ目はGEEK JOBです。
GEEK JOBのスピード転職コースは20代限定で無料でプログラミング学習とエンジニア転職が実現できるプログラミングスクールです。学習できるプログラミング言語はJavaで求人数が豊富なプログラミング言語です。
最短1ヶ月で転職ができるのもGEEK JOBのよい点で、早々にエンジニア転職が安く実現できます。

詳しくはこちら

Winスクール

おすすめの安いプログラミングスクール3つ目はWinスクールです。
コースによって値段は変わりますが、10万円前後で受講できるコースが豊富です。また、コースの分け方もプログラミング言語ごと、レベルごとに細かく分かれているため、あなたに必要な言語、必要なスキルを適切に学習できるため、安く利用することができます。

詳しくはこちら

1st-step

おすすめの安いプログラミングスクール4つ目は1st-stepです。
1st-stepは学習できるプログラミング言語は、Java / C / VBAと限られいますが、10万円以内で学習できます。
ただ、料金は安いですが、エンジニアとして転職するレベルのスキルが身につくかというと少しスキル不足が否めません。
教養としてのプログラミング、プログラミング学習の第一歩として利用するのであれば、おすすめできます。

詳しくはこちら

テックアカデミー(Tech Academy)

おすすめの安いプログラミングスクール5つ目はテックアカデミー(Tech Academy)です。
テックアカデミー(Tech Academy)はとにかくコースが豊富にあり、あなたのやりたいことを漏れなく学習しやすいプログラミングスクールです。学習期間によって料金が分かれており、4週間~16週間で選べるコースが多く、4週間プランであれば、10万円前後で
受講できるコースが豊富です。
他にはない学習スキルを安く学びたい際におすすめです。

詳しくはこちら

大学生におすすめのプログラミングスクール

テックアカデミー(Tech Academy)

大学生におすすめのプログラミングスクール1つ目はテックアカデミー(Tech Academy)です。
テックアカデミー(Tech Academy)はとにかくコースが豊富にあり、あなたのやりたいことを漏れなく学習しやすいプログラミングスクールです。学習期間によって料金が分かれており、4週間~16週間で選べるコースが多く、4週間プランであれば、10万円前後で
受講できるコースが豊富です。学割プランもあり、学生は更に安く利用できます。
他にはない学習スキルを安く学びたい際におすすめです。

詳しくはこちら

ZeroPlus

大学生におすすめのプログラミングスクール2つ目はZeroPlusです。
ZeroPlusはフリーランスエンジニアを目指す人に特化したプログラミングスクールです。学習内容は、Webサイトの作成が中心でWordPressを使ったコーディングなどを学習します。また、フリーランスとして活躍するには仕事を見つけて獲得することも必須になりますが、仕事探しから獲得までについても学ぶことができます。
学割が使えるプログミングスクールなので、安く利用できます。

詳細はこちら

ポテパンキャンプ

大学生におすすめのプログラミングスクール3つ目はポテパンキャンプです。
ポテパンキャンプは現場に即したレベルの高いカリキュラムで、ポテパンキャンプの授業を通して、現場で活躍できるエンジニアになれる可能性のあるプログラミングスクールです。
バディ制度をとっており、最後までやり抜くための体制があり、転職ができなかった場合にも転職保証があるので、安心です。
大学生でも受講できる仕組みになっており、安心です。

詳しくはこちら

RUNTEQ

大学生におすすめのプログミングスクール4つ目は、RUNTEQです。
RUNTEQはプログラミングスクール卒業後に活躍ができるようにカリキュラムが組まれており、1000時間程度の学習時間を確保することを前提とした学習量の多いプログラミングスクールです。
RUNTEQを運営している株式会社スタートアップテクノロジーはWebサービスの受託開発も事業として行っており、受託開発経験を基にした開発カリキュラムで実際に働く人のための講座、働く際に必要になる内容を豊富に盛り込んだ内容となっています。
料金はプログラミングスクールの中では安い方なので、通いやすいプログラミングスクールの1つです。
大学生にもおすすめしやすいプログラミングスクールです。

詳しくはこちら

1st-step

大学背におすすめのプログラミングスクール5つ目は1st-stepです。
1st-stepは学習できるプログラミング言語は、Java / C / VBAと限られいますが、10万円以内で学習できます。
ただ、料金は安いですが、エンジニアとして転職するレベルのスキルが身につくかというと少しスキル不足が否めません。
大学生の教養としてのプログラミング、プログラミング学習の第一歩として利用するのであれば、おすすめできます。
10万円程度で受講できるので、他のプログラミングスクールより安く教養が身につきます。

詳しくはこちら

オンラインでおすすめのプログラミングスクール

TECH I.S.(テックアイエス )

オンラインでおすすめのプログラミングスクール1つ目はTECH I.S.(テックアイエス )です。
TECH I.S.(テックアイエス )はエンジニア転職を目指す人、フリーランスを目指す人どちらでもおすすめできます。
レベルの高いプログラミング学習を行うことができるので、Webサイトの作成に加え、Webシステムの作成などができるほどの技術力を身につけることができます。
学習終了後には、フリーランスを目指す人向けのお仕事探しとお仕事獲得のサポートもあり、オンラインでしっかりスキルが身につき安心です。

詳細はこちら

テックアカデミー(Tech Academy)

オンラインにおすすめのプログラミングスクール2つ目はテックアカデミー(Tech Academy)です。
テックアカデミー(Tech Academy)はとにかくコースが豊富にあり、あなたのやりたいことを漏れなく学習しやすいプログラミングスクールです。転職保証コースは32歳までが対象になっており、30代でも転職保証コースを利用して、エンジニア転職が可能です。
副業・フリーランスを目指す場合には、特に年齢制限がなく30代でも利用できる副業支援コースがあり、転職・副業・フリーランスなどやりたいことをできるのがメリットです。
オンラインで学習できるサポートも充実しており、安心して学習に集中できます。

詳しくはこちら

DMM WEBCAMP

オンラインでおすすめのプログラミングスクール3つ目はDMM WEBCAMPです。
DMM WEBCAMPは未経験から挫折せずに学習できる環境のあるプログラミングスクールです。DMM WEBCAMPの学習を通してエンジニア転職ができるレベルの高スキルを身につけることができ、副業・フリーランスを目指す際に必要な技術スキルを満たしてくれます。
サポートも充実しているので、わからないで止まることを減らしながら学習できます。

詳細はこちら

CodeCamp(コードキャンプ)

オンラインでおすすめのプログラミングスクール4つ目はCodeCamp(コードキャンプ)です。
CodeCamp(コードキャンプ)は満足度の高いプログラミングスクールでマンツーマンでスキルを身につけていくことができます。マンツーマンなので、あなたの学習ペースで着実にスキルを積み上げていくことができます。また、わからないことがあっても1つ1つ確認しながら、進めることができ、挫折しにくいです。

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)

オンラインでおすすめのプログラミングスクール5つ目はSAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)です。
SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)は教養・転職目的で利用できるプログラミングスクールです。プログラミングスクールの中でも歴史のあるプログラミングスクールの1つで、転職実績や指導経験の豊富なスクールです。
30代でも学習を始め、転職を成功した方の事例もあり、30代から学習を始めたい人への指導経験や転職サポートも経験もあり、安心して利用できます。

詳しくはこちら

子供におすすめのプログラミングスクール

テックキッズスクール(Tech Kids School)

子供におすすめのプログラミングスクール1つ目はテックキッズスクール(Tech Kids School)です。
テックキッズスクール(Tech Kids School)は講師と授業内容のレベルが高いプログラミング教室です。オンラインでもオフラインでも授業があり、レベルの高い授業を全国どこからでも受講することができます。
卒業生の中には、中学生や高校生ながらもイベントなどで活躍している人も多く、レベルの高さが伺えます。

詳しくはこちら

スタープログラミングスクール

2つ目の子供におすすめのプログラミングスクールは、スタープログラミングスクールです。
スタープログラミングスクールは、楽しく通うことができる、講師が丁寧といった評判の多い人気のプログラミングスクールです。
全国で受講できる箇所があり、通いやすいのもよい点です。

詳しくはこちら

QUREO(キュレオ)プログラミング教室

子供におすすめのプログラミングスクール3つ目はQUREO(キュレオ)プログラミング教室です。
他のプログラミングスクール同様に全国展開しているプログラミングスクールのため、全国どなたでも通いやすい場所にあるのがメリットです。値段は教室ごとに異なる料金設定ですが、良心的な価格設定なのも良いですね。

詳しくはこちら

今、プログラミングを学んでエンジニアになる理由

人手不足で需要が大きい

エンジニアは市場で人手不足の傾向にあり、2030年には約79万人もの人材不足が発生すると想定されています。
エンジニアを欲しいと考える人や企業は増えていく一方で、エンジニアの数は追いついていないのが現状です。
そのため、エンジニアとして働くことができれば、需要が大きいお仕事なので、仕事に困ることはほとんどないでしょう。
また、多くの企業でエンジニアが不足しており、エンジニアの待遇についても日々改善・見直しが行われています。
エンジニアとして働きやすい環境が手に入ることも難しい話ではないでしょう。

時間や場所を選ばない働き方ができる

エンジニアは人が不足しており、仕事探しに困ることのない職種ですが、もう1つのメリットとして、エンジニアは場所を選ばずに
お仕事をすることが可能なことが挙げられます。
最近ではエンジニア以外の人でもリモートワークが可能な会社も増えてきていますが、他の職種以上にリモートワークで仕事を行いやすく、開発・運用が可能です。
様々な事情で会社への出社が難しい人や好きな場所で仕事をしたいと考えている人には最適な働き方のできる仕事です。

収入が上がる可能性がある

エンジニアに転職することで収入が上がる可能性があります。エンジニアの平均年収は全職種の平均年収よりも高いというデータが出ています。
平均年収は400万円後半程度となっており、あなたの現年収次第ですが、年収が上がる可能性があります。
また、転職をしていくことや実績を積んでいくことで評価されやすい職種でもありますので、転職直後は年収が低くても将来的には高い年収を手に入れることができるチャンスがあります。

プログラミングのよくある間違い

プログラミングは女性には難しい?

女性の中には、「女性にプログラミングは難しいという話を聞いたことがあり、私にできるか不安」と思っている方もいるかもしれません。しかし、女性にプログラミングは難しいというのは間違いです。
女性・男性に関わらず苦手な人は苦手ですし、得意な人は得意です。性別は関係ありません。
少々古いデータですが、経済産業省のデータによるとエンジニアの男女比は8:2で男性の方が圧倒的に多いのも事実です。
このデータから女性はプログラミングが苦手という意見が出ている可能性もあるのですが、実際のところ性別で得意不得意がわかれることはないので、女性の方でもプログラミングは可能です。

プログラミング=理系?

プログラミングと聞くと理系の人だけのものというイメージがあるかもしれませんが、このイメージも間違いです。
プログラミングをするエンジニアになることは理系だけでなく、文系の人でも可能です。
確かに、理系の大学で情報やプログラミングを学習していた人ほどの知識量を手に入れるのは難しいです。
ただ、仕事をする上では、大学レベルのスキルが必要になる職場は多くなく、プログラムを組んでシステム開発できるスキルがあれば、エンジニアになることができます。
そして、システム開発ができる技術は文系の方でも習得することができるので、プログラミング=理系と考えずに挑戦することがおすすめです。

プログラミング初心者のよくある失敗

① 自主学習する意欲がない

プログラミングスクールに通っている人の中には、お金を払っているので授業のみの学習でプログラミングができるようになると考えている人もいます。
プログラミングは、授業のみの学習では習得できるものではありません。
仕事終わりや休みの日にも学習を続けることでやっとできるようになるものですので、しっかり学習時間を確保すること、休みの時間を削ってでも学習する意欲があること、これら条件に当てはまるか認識しておくことが重要です。

② 答えを聞こうとする

プログラミングの学習だけに限った話ではありませんが、答えを聞くことに意味はありません。学校のテストと異なり、プログラミングの場合には、同じ答えとなる課題はあまりありません。仕事としてコードを書く際には、会社の規模やプロダクトのフェーズ、使うデータなどがすべて異なりますので、
答えを覚えたところで課題は解決しないでしょう。重要なことは、課題解決までのアプローチであったり、不明なことがあった際にどういったことを調べればよいかといったことです。
答えを聞こうとするのではなく、どういうことを調べてその答えが導かれたかを聞くことに意味があります。

③ プログラミングに触らずにプログラミングスクールに通う

プログラミングを行うエンジニアは近年人気の高い仕事の1つですが、他の仕事と同様に得意・不得意、好き・嫌いが分かれる仕事です。
仮にあなたがプログラミングに対して嫌いであったり、苦手意識があったりする場合には、プログラミングスクールに通っても苦痛な時間を過ごすことが多くなることでしょう。
プログラミングスクールに通う前に、無料でプログラミングがどういったものかを試せるサービスがありますので、事前に試してみてからプログラミングスクールを検討しても遅くはないです。

プログラミングスクールはやめとか?無駄?現実と闇とは

プログラミングスクールを探していると「プログラミングスクールはやめとけ」「プログラミングスクールは無駄」という口コミを見たことがあるかもしれません。
実際、全ての人にとってプログラミングスクールがおすすめできるわけではなく、合わない人にとっては、「無駄だった」「やめておけばよかった」ということも多々あります。
しかし、プログラミングスクールを無駄にするかどうかはプログラミングスクールに通う目的とその目的を叶えることができるプログラミングスクールを選ぶかどうかで決まってきます。
プログラミングスクールはやめとけ、無駄ということにならないように現実をしっかり確認しておきましょう。

プログラミングスクールを卒業してエンジニアになれば、すぐに高収入になれる。

プログラミングスクールの謳い文句で「エンジニアになれば高収入になれる」といったことを聞いたことがある方もいるかもしれません。
これは間違いではないのですが、正しくもありません。未経験のエンジニアから転職・就職した場合の年収は300万円~400万円程度の方が多く、特別高収入というわけではありません。
一方で、職種別の平均年収で見るとエンジニアの平均年収は400万円中盤から後半のデータが多く、全体の平均年収よりは高い傾向にあります。
そのため、将来的には、平均年収よりも高くなる可能性があるが、エンジニア転職後すぐの年収は、下がる場合もあります。

プログラミングスクールを卒業してすぐにフリーランスで働ける

最近では副業目的やフリーランス目的のプログラミングコースも出てきており、以前より難易度は下がってきていますが、プログラミングスクール卒業後すぐにフリーランスや副業で稼ぐというのは難しいことで、達成できるか否かは個人差があります。
また、フリーランスとなる場合には、営業力や依頼主との調整力なども必要になってきますので、エンジニアリング以外のスキルも必要になってくるでしょう。
プログラミングスクールを卒業すれば、フリーランスエンジニアとして稼げるという意見ももちろんあり、事例もありますが、技術力も高く、コミュニケーションスキルも高い実務経験豊富なエンジニアも多いので、卒業しただけでフリーランスとして生きていけると考えない方がよいでしょう。

プログラミングスクールによってはコードのコピペを推奨するスクールも

プログラミングスクールの中には、あなたのことを考えた授業ではなく、楽に収益をを上げたいと考えているスクールもあります。そういったスクールではあなたの成長を考えていないので、コードのコピペを推奨したり、いい加減な返答になるケースもあります。また、転職実績や紹介手数料欲しさでとりあえずどこでもいいから転職させようとするプログラミングスクールもあります。
これらスクールで学習した人もいるのがプログラミングスクールの闇、プログラミングスクールの現実です。
多くのプログラミングスクールではこのような悪質な運営にならないように注意をしていますが、一部の講師やプログラミングスクールが悪質な対応をしているのも現実ですので、悪いプログラミングスクールを選ばないように慎重に確認するのがおすすめです。

あなたの希望を叶えるプログラミングスクール選びが重要

プログラミングスクールは高額で違いのわかりにくいですが、あなたの希望を叶えることができるか否かは、選ぶプログラミングスクール次第です。安さで選んでも思うようにスキルが身につかなかったり、良いスクールでも高すぎて通えなかったりすれば意味がありません。
目的や料金を考えて、無料カウンセリングで確認して、最終的に通うスクールを決めましょう。迷ったら、下記がおすすめです。
RUNTEQ
ポテパンキャンプ
DIVE INTO CODE

当サイトでおすすめのプログラミングスクール

RUNTEQ

働きながらレベルの高いスキルを身につけることができるので、おすすめ!

プログラミングスクールの口コミ・評判記事