freelancemate
cover

プログラミングスクールの全額返金保証はどのようなケースで使えるのか調査

作成日:2021年12月05日 更新日:2021年12月11日

プログラミングスクールを選ぶ際に全額返金保証があるか否かは、プログラミングスクール選びの際に大事なことの1つですよね?

プログラミングスクールの自信の現れでもありますし、もしもの際の安心材料にもなります。

しかし、全額返金保証が適用される条件はプログラミングスクール毎に様々。
この記事では、どういったケースで全額返金保証が使えるか解説していきます。

プログラミングスクールで全額返金保証が適用されるケースについて

プログラミングスクールの全額返金保証が適用されるケースはいくつかあります。

主なケースは下記の3ケースあります。
・転職・就職できなかった場合
・転職・就職に成功した場合
・期限内での返金申請をした場合

プログラミングスクールの返金適用条件は各社で異なり、内容に不満足の場合に適用してもらえるプログラミングスクールもあれば、転職や就職の条件次第で、適用してもらえるプログラミングスクールもあります。

また、内容に満足できなかった場合など期限内に解約・返金申請を行うことで適用できる返金保証制度があるプログラミングスクールもあります。

転職・就職できなかった場合の返金制度

プログラミングスクールには、転職保証や就職保証を謳っているプログラミングスクールがあります。

これらのプログラミングスクールでは、転職すること、就職することまでをサービスとして提供しており、仮に転職・就職ができなかった場合に、プログラミングスクールの受講費用が返金されることがあります。

転職・就職までサポートしてもらえるため、未経験からエンジニアになりたい人には使いやすいサービスですが、条件として転職活動を行うことが挙げられたりと注意が必要です。

転職・就職に成功した場合

転職をすることで受講費用が返金されるプログラミングスクールもあります。

プログラミングスクールが転職先企業から紹介料をもらっている場合、この返金制度が使えることがあります。

転職エージェントが運営しているプログラミングスクールの場合に、この返金制度を導入しているケースが多いです。

期限内での返金申請を行った場合

プログラミングスクールは高額のため、申し込みを躊躇してしまうと思います。
そこでプログラミングスクール各社では、申し込みから一定期限内の解約と返金申請で全額返金してもらえる制度を取り入れている場合が多いです。

多くのプログラミングスクールが1週間から2週間程度を返金対象期間として設定しており、1週間から2週間程度お試しでプログラミングスクールの授業を受けることができます。

全額返金保証があるプログラミングスクールを申し込む前に気をつけること

全額返金保証があることで、プログラミングスクールに安心して通うことができますね。
しかし、この全額返金保証が適用されるためには、各社が適用している条件を満たす必要があります。

例えば、転職ができなかった場合に全額返金されるプログラミングスクールの場合、転職活動をすることが条件になります。
転職活動を行っていないにも関わらず、転職ができなかったため、返金保証を適用してほしいということはできませんので、ご注意ください。

そして、全額返金保証を受けることができる条件は複雑な場合もあるため、安易な申し込みは注意が必要です。不明な点は、予め確認しておきましょう。

また、1週間から2週間の返金保証がついているプログラミングスクールを選ぶ際にも注意が必要です。
少しの期間、お試しでプログラミングスクールを受けてみて、あなたに合っているスクールであるか?、プログラミングへの抵抗感がないか?などを調べるかと思うのですが、最初に行う内容で挫折することは多くありません。むしろ中盤以降で挫折する人が多数です。

そのため、やめたくなったときには返金保証がない・・・となってしまうこともあるので、最初から絶対にやり遂げるという強い覚悟を持って返金保証のついていないプログラミングスクールに入るのもありだと思います。

全額返金保証付きのプログラミングスクールを選ぶメリット

全額返金保証がついているため、プログラミングスクールに申し込みしやすいということです。

プログラミングスクールは高額なため、申し込むのには大きな決断が必要ですが、全額返金保証制度があることで、申し込みやすくなりますね。

また、就職や転職が決まった際に返金される場合には、あなたのプログラミングスキルを上げながら、お金も返ってくるという一石二鳥な制度になっています。

全額返金保証付きのプログラミングスクールを選ぶデメリット

全額返金保証付きのプログラミングスクールを選ぶデメリットは、返金適用条件に伴う諸問題が起こりうることです。
先ほどもお伝えしましたが、返金されるためには各社が用意した返金条件を満たす必要がありますが、その条件が厳しかったり、プログラミングスクールと揉めたりする可能性があることです。

例えば、転職意欲があることを示すために、1週間に20社への履歴書の提出が必要などといった条件があるケースがあります。この条件を見落としていたり、具体的な数値で定義されていなかったりすることで揉めるケースに繋がることがありますので、注意が必要です。

当サイトでおすすめのプログラミングスクール

RUNTEQ

働きながらレベルの高いスキルを身につけることができるので、おすすめ!

プログラミングスクールの口コミ・評判記事