freelancemate
cover

【調査】ディラボ(DEV.LAB)の口コミ・評判まとめ。コースや料金、支払い方法についても解説

作成日:2022年01月10日 更新日:2022年05月05日

ディラボ(DEV.LAB)の総評まとめ

ディラボ(DEV.LAB)はJavaで即戦力を目指すプログラミングスクールです。口コミ・評判はまだまだ少ないですが、勉強になることが多いといった高評価の口コミ・評判が多いです。開校すぐのため、まだまだ転職実績などの情報が少ないこともありますが、受託開発を模した即戦力カリキュラムでスキルアップを目指せます。

ディラボ(DEV.LAB)の口コミ・評判

勉強になって楽しい

安価でレベルが高い

ディラボ(DEV.LAB)の特徴

ディラボ(DEV.LAB)の特徴は下記の通りです。

  • 実践を意識した擬似受託開発カリキュラム
  • 1期に入校できる人数は最大10人の少数制
  • 開発求人の多いJavaで学習
  • オンライン完結の学習体制
  • 質問し放題、担任とメンターの2名体制
  • 受講開始後14日間の返金保証あり

実践を意識した擬似受託開発カリキュラム

プログラミングスクールではポートフォリオ作成や卒業制作がありますが、サンプルで作ったアプリを少し改変したようなポートフォリオで卒業できるスクールもあります。実際にエンジニアとして働くには、ほとんどサンプルと同じような内容の開発はあまりありませんし、もっと高度な開発依頼をされることも多々あります。ディラボでは実際の開発を想定した受託開発カリキュラムで、卒業後すぐに活躍できるスキルを身につけることに力を入れています。プログラミングスクールに高いお金を払って卒業したにも関わらず、活躍できないのが一番辛いです。そんな辛い経験をしないで済むように工夫されているので、安心ですね。

1期に入校できる人数は最大10人の少人数制

ディラボでは1期に入校できる人数を10人という少人数に絞っています。大人数の入校を許可してしまうと講師との人数バランスが取れずに、質問対応が追いつかないといったサービスレベルの低下につながることを嫌って少人数の限られた参加者のみが利用できるように配慮されています。

開発求人の多いJavaで学習

プログラミングスクールが教えているプログラミング言語は、各スクールで異なります。ディラボでは、RubyやPHPではなく、Javaで学習を進めていきます。
Javaは昔からあるプログラミング言語で様々なサービスで利用されており、求人も豊富にあります。金融などの機関システムに利用されたり、Webサービスに利用されたりなど色々な場面で利用されているので、求人がなくなる心配はなく、安心できます。

オンライン完結の学習体制

ディラボはオンラインで完結する学習環境で学習を進めていきますので、学習する場所や時間を選びません。通勤中の学習や仕事終わりの学習などが可能なので、時間を有効活用して学習できます。

質問し放題の環境、担任とメンターの2名体制で学習をサポート

ディラボでは質問し放題の環境があるため、プログラミングの不明点をそのままにせず学習を進めていくことができます。質問に回数制限があるプログラミングスクールもある中で、何度も質問できる環境は安心ですね。また、担任とメンターの2名体制で学習をサポートしてくれる環境があるので、挫折することなくプログラミングを続けられる環境があります。

受講開始後14日間の返金保証あり

受講開始後14日間であれば全額返金保証が付いています。興味があって始めたは良いものの学習を始めてみたら何か合わないなと思うこともあるかもしれません。
そんな際には、受講開始後14日間であれば、全額返金される保証がついているので、気軽に始めやすいです。

ディラボ(DEV.LAB)のコース一覧

短期集中コース

3ヶ月でスキルアップを図るためのコースです。短期集中でスキルを身につけることができます。

コース名短期集中コース
料金598,000円
言語Java / SQL
受講期間3ヶ月
受講形式オンライン
転職サポートあり
ポートフォリオ作成あり
返金保証あり
公式サイトhttps://consulting.devlab.co.jp/fv1/#_

Expertコース

6ヶ月の受講期間があるコースで短期集中コースよりもじっくり時間をかけて深くまで学習します。短期集中コースの内容に加えてExcelやエディタなどについても学習していきます。

コース名Expertコース
料金798,000円
言語Java / SQL
受講期間6ヶ月
受講形式オンライン
転職サポートあり
ポートフォリオ作成あり
返金保証あり
公式サイトhttps://consulting.devlab.co.jp/fv1/#_

ディラボ(DEV.LAB)のデメリット

  • Javaでの開発のため、Java以外の求人には応募できない
  • プログラミングスクール開校間もないため、実績が少ない

Javaでの開発のため、 Java以外のプログラミング言語で開発している会社やサービスの求人には応募が難しいでしょう。

Rubyで作られているサービスやPHPで作られているサービスも多くあるため、プログラミングスクールに通う前にどんなサービスがどんな言語で作られているか確認してから応募するのがおすすめです。

プログラミングスクール開校間もないため、実績が少ない

ディラボ(DEV.LAB)はプログラミングスクール開校間もないため、転職実績がまだ少ないのが現状です。
転職実績が少ないと不安になることもあるかもしれませんが、全額返金保証があるため、まずはカウンセリングから始めてみて、スキルアップができそうか確認してみるのが良いでしょう。

ディラボ(DEV.LAB)に向いている人

  • Javaで開発に興味がある人
  • 受託開発フローで即戦力を目指す人

ディラボ(DEV.LAB)に向いていない人

  • Java以外のプログラミング言語で学習したい人
  • 自社サービスの開発などに興味がある人

Java以外で学習したい人や自社サービスの開発がしたい人には向いていないところがあります。

ディラボ(DEV.LAB)のよくある質問

完全初心者でも大丈夫ですか?

大丈夫です。ただし、PC操作については理解しておいた方が良いです。

教材は市販のものでしょうか?

教材はディラボ(DEV.LAB)オリジナルのものです。

働きながらの受講は可能ですか?

可能です。

支払い方法は何がありますか?

現金一括払い、現金分割支払い(24カ月)、クレジットカード分割支払いからお選びいただけます。

ディラボ(DEV.LAB)はこちら

当サイトでおすすめのプログラミングスクール

RUNTEQ

働きながらレベルの高いスキルを身につけることができるので、おすすめ!

プログラミングスクールの口コミ・評判記事